もしやこの感じ。

少し忙しくなるのかな?

明日も発生してる!
ただ、献茶のメンバーが辛すぎて頭痛くなりそう。
先輩二人とあたし。だけ。
え? みたいなね…
きっと午前中に準備して、午後から先輩らと~って感じになるのかなぁ。

今日なんかは広い式場でやったから先輩らと一緒に献茶は
仕方ないんだけど(´`;)
それでもいろいろ言われたもんな。
たしかにあたしが雑なのが悪い。けど。
言い訳しても意味はないし、そもそも言い訳とか最悪なんだけど
それでもたくさん言いたいことあった。
言えるわけないもん。
あたし、知ってるよ。
誰がやったんだか知らないけど、キッチンのとこにポット、蓋開きっぱなしで置いてあった。
中身お湯だよ?
しかも、控え室子供もいっぱい出入りすんのね。
そんなのが初七日の間、そこにあったの。
信じらんない。
もしも子供がいたずらしたら?
もしもそこにぶつかっておっことしたら?
考えただけでもおぞましい。
あーあ。
なんかものすごくしんどい。
仕事できてない自分も腹立つし
やったとこすらも認められないことも腹立つ。

もっと頑張ればいいの?
どこまで頑張ればいいの??
わかんないよ。
教えてよ。
「まだ」と「もう」の隙間。挟まってる。

「先輩」という存在は、重たすぎる。
近いから、余計に重たいのかも。
「しか」なのに「も」。


この感情を、ぶつける先がわからない。
自分の非はもちろんたくさん。
でも、ほんのちょっとは理不尽になすられたもんもあると思うの。




とりあえず寝ます。
涙出てきた。悔しい。
負けない。絶対負けない。
みんな掃除してんのに、悠々とソファー座って
みんなに指示してるだけ、みたいな先輩にはなんない。絶対。

コメントの投稿

非公開コメント

  
検索フォーム
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ